【艦これ】冬イベ2018の舞台はパラワン水道、シブヤン海、エンガノ岬沖(コンプティーク1月号)

コンプティーク2018年1月号が発売されました

スポンサーリンク

コンプティーク

ブラウザ版艦これについての気になる情報だけ抜粋しました

・冬イベの舞台はパラワン水道、シブヤン海、運命のエンガノ岬沖。

・日本機動部隊終焉の地となったエンガノ岬沖。同海域での強大な敵機動部隊との死闘。主力水上部隊はレイテ湾へ突入、敵侵攻の激撃、その撃滅を図る。

・小沢艦隊及び全力展開した基地航空隊の援護下で栗田艦隊そして鈴木艦隊を中核とした我が主力水上打撃部隊による一大激撃戦の展開を予定。
→小沢艦隊と栗田艦隊がメインっぽい

・もちろん西村艦隊、志摩艦隊も登場予定。

・シブヤン海で満身創痍となりつつ、味方進撃の盾となった海軍が最後に建造就役したあの戦艦、そして栄光の一航戦の名を受け継ぎ、姉と共に幾多の戦場を駆け抜けた殊勲の航空母艦、彼女たちの熱い戦いを描く予定。
→武蔵、瑞鶴が重要。

・他にも多数の名艦が数多く参加した連合艦隊最期にして最大の戦い。提督方の育て上げた健在の我が空母機動部隊精鋭、そして充実の基地航空隊戦力。それでも我を圧倒する巨大な敵艦隊群ですが、ある程度彼我伯仲の戦略条件下で激撃戦が展開、突入する。
→複雑なギミックがありそう

「乙」及び「甲」作戦はそれなりの難易度となりますが、歴戦の提督方の「瑞鶴」の横には五航戦として共に戦い抜いた「翔鶴」がいるはず。機動部隊の運用によっては互角の戦いを演じることが可能。
→翔鶴も重要?

・冬イベ展開の少し前から大和型二番艦を運用していない提督方の同大型艦建造成功率が大きく向上する予定。同艦がなくとも冬イベクリアは可能。

・秋イベの終了時のメンテナンスではレイテ捷号決戦に小沢艦隊として参戦した5500t級軽巡の改二改装を実装。同改二改装では北方迷彩(+北方装備)も獲得可能。

・冬イベのレイテ後篇は秋イベ前篇をクリアしてないと不利か?それは大丈夫。ただし、秋イベで活躍・成長した西村艦隊、志摩艦隊の各艦艇はきっとレイテ後篇でも大きな力になってくれるはず。
→秋イベに参加した西村艦隊、志摩艦隊には特効があるのかも

 

一言

ブラウザ版艦これの他にもコラボの情報などが載っていました

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメント 1件

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。