【艦これ 2016 秋イベ】E2 山風掘り おすすめ編成(甲作戦)

山風掘りのおすすめ編成です

スポンサーリンク

おすすめ海域

kancolle_20161119-212054898

海域はE2がおすすめです

蒼龍、飛龍、駆逐2、重巡2の編成でルートを固定できます

 

おすすめ編成

%e6%94%bb%e7%95%a5%e7%b7%a8%e6%88%90_20161123-172640

編成は蒼龍、飛龍、駆逐2、重巡2にします

装備

駆逐

高角砲+高射装置・高角砲+高射装置・対空電探or水上電探

高角砲+高射装置・高角砲+高射装置・対空電探を載せることで対空カットインを出せるようになります

重巡

主砲・主砲・水偵・電探

蒼龍・飛龍

艦攻・艦戦・艦戦・艦戦

 

支援

支援は決戦支援のみ出します

決戦支援

%e6%94%bb%e7%95%a5%e7%b7%a8%e6%88%90_20161123-172654

軽めの支援で大丈夫です

 

基地航空隊

%e5%9f%ba%e5%9c%b0%e8%88%aa%e7%a9%ba%e9%9a%8a_20161123-172706

基地航空隊は2部隊を防空に、1部隊を出撃にします

補充はしませんでした

第一基地航空隊

局戦・局戦・局戦・彩雲

第二基地航空隊

局戦・局戦・局戦・彩雲

局戦が足りなければ艦戦を配備します

第三基地航空隊

零式艦戦21型(熟練)・零式艦戦21型(熟練)・零式艦戦21型(熟練)・零式艦戦21型(熟練)

Kマスに集中して送ります

 

ドロップ

kiton-2016-11-23-16-17-47-707

Jマス

駆逐艦:春風

ボスマス

駆逐艦:時津風、天津風、江風、神風、春風、山風

レア艦ドロップ海域 まとめ(E1・E2・E3・E4・E5)

 

まとめ

kiton-2016-11-23-17-42-38-906

最初は基地航空隊なし・支援なしでやっていましたが、全然S勝利が取れず撤退が多かったので基地航空隊あり・支援ありでやったところドロップしました

道中支援ではなく決戦支援でした
申し訳ないです

 

関連記事

秋イベ関連

E1 海上輸送作戦(本土近海諸島補給線) 攻略(甲作戦)
E2 本土防空戦(本土沖) 攻略(甲作戦)
E3 発令!艦隊作戦第三法(本土沖太平洋上) 攻略(甲作戦)
E4 シャングリラ捜索追撃 艦隊前進配備(MS諸島北部) 攻略(甲作戦)
E5 渚を超えて(MS諸島北部 B環礁沖) 攻略(甲作戦)
札 まとめ
E1 秋月・初月・浦波・明石・鹿島掘り おすすめ編成(甲作戦)

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメント 8件

  1. 匿名

    ほとんど同じ装備&編成で試した結果(むしろ練度や改修は当方が上回っている)

    総出撃回数:36
    S勝利:14
    A勝利:16
    大破撤退:6
    レア艦:磯風・山風
    ・・・となりました。

    とにかく敵空母が固い。
    軽巡ツ級もしぶとい。
    上のほうでコメントされているように、Kマス突破を念頭に置くより、ボスに基地航空支援を差し向けS勝利を目指した方が良いかと思います。

    秋イベも残り数日。
    少しでもこの情報が役に立てば幸いです。

    返信
  2. 匿名

    あ、ミスった。6は空襲マスじゃない。航空戦マスだ。空襲とかぶることが多いんで、錯覚しがち。

    返信
  3. 匿名

    1.道中支援は軽くしない。
    2.決戦支援も出す。旗艦のみキラ。
    3.基地支援はKマスではなく、ボスマスに集中。丙ならともかく、甲ではボス到達時に無傷到達してないことが多い。決戦支援が仕事をしない時、ボスで仕留めきれなくなる。基地支援が仕事しない時もある。基地も決戦も仕事をしないときは体を丸めて泣く。
    4.編成は夜戦カットインを前提とした運の高い駆逐・重巡を選ぶ。Prinzと雪風が使えるなら使う。無いなら初霜改二・時雨改二・妙高。
    5.ボス集中の基地支援は戦闘機と陸攻を混ぜてバランス良く出したいけれど、陸攻のみでもわりといける。
    6.空襲マス(GとK)は輪形陣でお祈り・お祈り。

    周回はとにかく資源を食うので「軽い編成、軽い支援」が理想だけど、それで周回がうまく行かないのは本末転倒。ここの記事でうまくゆく場合はそれでいいけど、駄目ならこだわらずに重くするといいよ。

    返信
  4. 匿名

    Kマスの間違いかな?と思ってたら、やっぱりでしたかw
    参考にさせていただきます

    返信

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。